島村楽器 けやきウォーク前橋店 シマブロ

島村楽器 けやきウォーク前橋店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【教室講師ブログ】ベース科大澤先生~食と機材のこだわりを語る編~

こんばんは
でしょうか
おはようございます
でしょうか
ベース科講師大澤です。
f:id:shima_c_maebashi:20180118120926j:plain
【ベース教室講師紹介】大澤 宏成先生 2017年8月更新 けやきウォーク前橋店 店舗情報-島村楽器

寒いと鍋物が美味しいですね。
f:id:shima_c_maebashi:20180118122534j:plain
日本酒を持てないくらい熱々の熱燗にして
濃いめの味付けのすき焼きを
8個200円のちょっとだけ贅沢な
玉子にさっとくぐらせて
お口の中へ
咀嚼中のお肉を口内に1割方残し
50度くらいの熱燗で
やっつける
食へのこだわり強めの
ベース講師の大澤です

あー寒い。
今日は水道が凍りました。シャワーが出ないのでお風呂に入らないままレッスンですね(笑
こう寒いとコタツから出るのが辛くて、お休みの日なんか一日中ぬくぬくいれそうですね。
もちろん今コタツでこれ書いてます。
テレビのリモコンさえあれば、何もいりません。
ぐうたらぐうたら。
でもね、島村楽器 の講師になって初の発表会ライブが3月にあるんですよ。
そこで講師陣は生徒さんのサポートで演奏するんですけど。
みてくださいこの楽譜の量!!

f:id:shima_c_maebashi:20180118122539j:plain
42曲(厚さ9cm)!!
今年は参加数がめっちゃ多いそうで。。。
嬉しい洗礼でございます。
他のアーティストのサポートや、ライブなんかの仕事もやっているので最近メモリーする曲数は、なんと
80曲以上!!!
発表会おそるべし!!
来年は僕の生徒さんも沢山参加する予定なので、本番が1日で終わるのか、不明ですね。
ぐうたらしていられないのが僕らの職業。
ミュージシャンを目指しているキミ!!
覚悟しておきなさい(笑

ということで。
3月4日(日)に発表会ライブ行われます。
入場は無料とおいうことなので、お越しください。
詳細はお店がきっとUPします(笑

。。。


さて、前回の記事では使用楽器と拘りについて触れました。
順当に今回はエフェクターでも紹介しますかね。
といっても、プレイヤーにとって使用エフェクターボードってのは研究と経験を重ねて苦労して作り上げたシステムである場合が多いので、そんな簡単に教えてたまるかと思うものです。
僕は敢えてひけらかします。
良いプレイヤーが増えて行くのは僕の喜びでもあります。勿体ぶらずに僕の秘密の一つ明かしましょう!
僕のフォロワーが一人でも増えてくれれば嬉しいものです。
実際に曲を演奏する際の使用方法については、この記事だけでは伝えられませんけどもね。
f:id:shima_c_maebashi:20180118122538j:plain
はいー。
楽器側から、
Maxon compressor
→ ②MXR bass octave deluxe
→ ③Albit A1FD1
(send)
→ ④MXR envelope filter
→ ⑤MXR bass fuzz deluxe
→ ⑥Jim Dunlop Crybaby
→ ⑦Zoom B3n
→ ⑧tc electronic Dittto looper
(Return)
→ ③Albit A1FD1
アンプPA

という順番になっております。
ある程度知識ある読者ならば、これで結構ヒントになるかと思いますが、初心者や楽器を演奏しない方もいるかと思いますので、
次回!
詳細について触れていきます。
電源タップやケーブル類についても!
ひけらかしすぎかな。
内容は某ベーマガさんに負けないように頑張ります。

次回の更新をお楽しみに♪

島村楽器音楽教室についてはコチラ!
音楽教室-島村楽器
前橋店の音楽教室案内はコチラ!
www.shimamura.co.jp
体験レッスンについてはコチラ!
www.shimamura.co.jp

前橋店のブログ ~こんなんあります~ ギター練習用ヘッドホン"NAGAOKA NS101GHP"レビュー編

気になったアイテムを紹介します!

こんにちは! 前橋店ギター担当の内山です!
前回の更新から早2か月半、、、だいぶ間が空いてしまいましたが、連載ブログ第2弾です!
maebashi.shimablo.com
私が間をあけている間に、ドラム担当の俵藤さんがチューニングキーを紹介してくれました!ドラマー必見ですね。

ギター練習のお供に!

今回紹介するのは、コレ!
f:id:shima_c_maebashi:20180115190006j:plain
"NAGAOKA NS101GHP"
このモデルは、「低音重視の脚色されたサウンドではなく、ギター演奏にとって最適なサウンドを出力できるヘッドホンが出来ないか」というコンセプトのもと、レコード針など、オーディオ用アクセサリーの販売で有名な、「NAGAOKA」島村楽器がコラボレーションして開発したモデルです!

試奏してみました!

そんな、「ギター演奏のため」に開発されたヘッドホン、早速私内山が、試奏してみました。試奏で使用したのは、家庭用練習アンプベストセラーのYAMAHA THR10」、ギターは「CoolZ ZST-1R(ストラトタイプ) 」です。
f:id:shima_c_maebashi:20180115190046j:plain
内山「これ、すごく音が良いですね!ニュアンスもしっかりでるので、自分が弾いている音が聞き取りやすいです。」
f:id:shima_c_maebashi:20180115190118j:plain
内山「一般的なヘッドホンだと、スピーカーで聞く時とヘッドホンで聞く時と、EQの調整を少し変えないと気持ちのいい音が出せないことが多いのですが、このヘッドホンだと、スピーカーで聞いた時と同じ感覚で音作りが出来ますね。」
f:id:shima_c_maebashi:20180115190218j:plain
内山「音の距離感も良くて、近すぎず遠すぎず、空気感と迫力のバランスが良いです。聞いてて疲れない音ですね。疲れにくいっていうのは、長く練習する上で凄く重要ですね!」
f:id:shima_c_maebashi:20180115190309j:plain
内山「あと、着け心地も凄く良いです。これ、メガネかける人じゃないと分からないと思うんですが、ヘッドホンを装着すると、メガネのツルが頭に押し付けられて痛くなることが結構あるんですが、これは全然痛くないです。」

まとめて

内山「着け心地や、音の聞こえ方に負担が少ないので、集中して練習に取り組むことができると思います。ニュアンスもしっかり再現できますし、音作りも凄くやりやすいです。自分がギター始めたころにもこんなヘッドホンが欲しかったです(笑)」

きになるのは・・・

さて、とても素晴らしいヘッドホンという事は分かったのですが・・・

『でも、お高いんでしょう・・・?』

ふたたび、お客様の声が聞こえてきますね。。。※前回参照

ですがしかし、このヘッドホンお値段はなんと・・・




¥3,980+税!!!


衝撃の価格!最初は我々もびっくりしました。こんなに良いヘッドホンがこんな価格で手に入るとは・・・

ただ、あくまで「ギター演奏特化」のため、リスニングだったり、音楽制作、または他の楽器演奏などの用途でも使用する場合は、SHUREや、audio-technicaなど、他メーカーもしっかり比べたうえでのご購入をオススメします。

おわりに

これからギター始める方や、自宅練習の際にヘッドホンを使用される方には、ぜひ一度チェックして頂きたいヘッドホンです。前橋店はこれ以外にも、ヘッドホンのラインナップは多彩に取り揃えておりますので、ぜひご来店をお待ちしております!以上、内山でした!

お問い合わせ

店舗名 島村楽器 けやきウォーク前橋店
電話番号 027-210-6350
担当 内山

お気軽にお問い合わせください!

【第4回アコパラ】アコパラ けやきウォーク前橋店 Vol1 開催いたしました!

みなさん、こんにちは!今年もアコパラ担当を務めさせていただきます俵藤(ひょうどう)です。
本日1月13日(土)前橋店にてアコパラVol1を開催いたしました!

アコパラとは?

島村楽器が主催する、アマチュアミュージシャンによる全国規模のアコースティックサウンドにこだわったライブイベントです。​
www.shimamura.co.jp

アーティスト紹介

もとはるさん

f:id:shima_c_maebashi:20180113212508j:plain
youtu.be
当店ライブイベントお馴染みの「もとはる」さん!
2曲ともオリジナル曲での参加。
当店にてCD販売しています!
twitter.com

HITOMIさん

f:id:shima_c_maebashi:20180113212429j:plain
youtu.be
黒のハミングバードがお似合いの「HITOMI」さん!
前橋では初参加です。

とらの音さん

f:id:shima_c_maebashi:20180113212406j:plain
youtu.be
年末のライブにも参加して頂いた「とらの音」さん
実はこんな活動をしていらっしゃいます。
www.youtube.com

Vol 1のオーディエンス賞は?

f:id:shima_c_maebashi:20180113212527j:plain
HITOMIさんでした!おめでとうございます。

けやきウォーク前橋店 アコパラ開催スケジュール
次回は1月21日(日)!たくさんのエントリーお待ちしています!
maebashi.shimablo.com


では!また次回!

俵藤(ひょうどう)

ATV aDrums 解説セミナーを開催いたしました!

みなさん、こんにちは!けやきウォーク前橋店の俵藤(ひょうどう)です!
1月7日にATV aDrumsの解説セミナーを開催いたしました!早速ですが、イベントの模様を振り返っていきたいと思います。

ATV aDrumsとは?

f:id:shima_c_maebashi:20180108104715j:plain
aDrums|ドラム関連|製品情報|音と映像の融合と進化 、電子楽器と映像機器のATV株式会社
楽器プレイヤーなら誰もが知るメーカーRolandの創業者、梯郁太郎氏が新たに創業したのがATV。
アコースティックのドラムの音を全力で再現する!をコンセプトに開発されたのがaDrumsです!

まずは遠藤勝彦氏によるデモ演奏から

f:id:shima_c_maebashi:20180108104755j:plain
twitter.com
多くのアーティストのライブ、レコーディングで活躍中の遠藤勝彦氏によるデモ演奏からスタート!
プロの演奏をまじかで見れる貴重な機会です。
ジャズ、フュージョン、ロックと様々なジャンルを合わせたデモ演奏でした。
音色紹介など様々場面でデモ演奏、解説してくださいました。

音源モジュールaD5について

実はaDrumsの発売よりも前に開発、発売されていたのがこの音源モジュールaD5。
f:id:shima_c_maebashi:20180108104924p:plain

ドラム本来のダイナミクスレンジ

本物のドラムと同じようなダイナミクスレンジ(音の強弱の幅)を実現。どこを叩いても安定した音で鳴る従来の電子ドラムとは異なり、ドラマーの叩く強さを、表現を正確に発音してくれます。

追加音源がDL可能!ドラムセットの組み合わせが自由自在!より本物に近いリアルな音を。

スネア、シンバル、タムなど1つ、1つDLが可能。例えばL社のスネアにY社のドラムセット、シンバルはP社といった組み合わせができます!
様々なメーカー由来の音源は、すべてステレオハイレゾで録音されています。独自のサンプリング技術、ノウハウで録音したいい音を最低限の調整のみで収録されていることでより本物に近いリアルな鳴り方が再現されています。
ATV SOUND STORE :: ホーム
こちらのサウンドストアにてDLが可能です。
ちなみにL社のSスネアが¥770!5~10万円するスネアの音がこの価格で手に入ります!
(個人的には私のメインスネアNC社の音源が非常に嬉しいところ!実際に自分のスネアのモジュールがあるという事でご購入された方もいらっしゃるそうです)

本格的な見た目、より本物に近い音、打感を得るために。

パッドが進化!”鳴り過ぎ”を改善!より自由な表現を!

f:id:shima_c_maebashi:20180112183849j:plain

従来の電子ドラムパッドではセンサーがパッド中央の1点のみで、センサーの中心部分を叩いてしまうと”鳴り過ぎてしまう”という欠点がありました。センサーをリム下の3点に分散させ”鳴り過ぎ”を改善しました。

f:id:shima_c_maebashi:20180112183933j:plain
f:id:shima_c_maebashi:20180112184301j:plain
従来のシンバルパッドはパッド内のセンサーが扇型だった為、鳴らす(鳴らす部分を叩いていただく)為にストッパー、溝が彫られていました。aDrumsのシンバルパッドは全周が演奏可能なため回転を止めるストッパー、溝もありません!シンバルの自然な揺れが再現されています。

光センサーになったハイハット

f:id:shima_c_maebashi:20180112184335j:plain
f:id:shima_c_maebashi:20180112184358j:plain

従来のハイハットは接触式(触れると反応)センサーが採用されていたためハイハットのオープン、クローズの表現に限界がありました。aDrumsのハイハットのセンサーでは細かいハイハットワークでも安心です。

なんといってもその存在感!見た目は本物のドラム!?

f:id:shima_c_maebashi:20180112184421j:plain
スタンダードなドラムセットがそのままサイズダウンしたかのような見た目!本物と同じバーチ(樺材)シェル、ラッカーで仕上げたその見た目は所有欲をくすぐります!
(バスドラム18x12、タム10x6.5、スネア13x5.5、フロアタム13x12、ハイハットシンバル14、クラッシュシンバル16、ライドシンバル18インチとご自宅に置いても邪魔にならない絶妙なサイズ感です。スペースとしては2畳分といったところでしょうか)

Individual MIDI(インディビジュアルミディ)とは?

f:id:shima_c_maebashi:20180112192113j:plain
なにやら難しいそうな横文字ですが・・・
電子楽器の演奏データをデジタル転送するための共通規格であるMIDIが従来より扱いやすくなりました!
簡単にご説明いたします!

マルチトラックで録音が可能!

f:id:shima_c_maebashi:20180112192144j:plain
これまでのMIDIではドラムセット全体で1トラックであったのがマルチトラックになり修正が容易になりました!以前は1トラックであったため”この部分のスネアだけ直したい”となるとその小節すべて録り直し(もしくは時間を掛けてマルチトラックに分解)でしたが、マルチトラックになりスネアやシンバルが独立したトラックに存在する事でシンバルやスネア、タムに1つ、1つに修正を掛けられるようになりました。

レコーディングの手間からの解放!?

aDrumsの音源は前述のとおり本物のドラムを録音したものがそのまま使用されていると言っても過言ではありません(音源の分解、再構成を行わず最低限の修正のみで内蔵されているため)!
スタジオを予約してレコーディング用のマイクを用意して・・・といった手間からも解放されます!
遠藤さんは最近aDrumsを使ってレコーディングしたものを納品したそうです。どんなアーティストさんのかは秘密という事で教えて頂けませんでしたが、近日情報公開だそうです!要チェック!
(しかし生のドラムの音は代えがたい物!ただ費用、場所といった問題があります。最近は電子ドラムで予めレコーディングをして本物のドラム音源を貼り付けるといった方法が増えてきています。)

また音源の差し替えも簡単にできるので”レコーディングした後に”スネアの音を変えたい”などといったわがままにも対応できます!

いかでしたでしょうか?最後に俵藤のオススメポイント!

f:id:shima_c_maebashi:20180112190306j:plain

なんといっても音の再現度がスゴイ!

モジュールの音色で本物のドラムを想起させるのはaDrumsしかないでしょう!
実際に叩いて”これは~社の~というセットですか?”とブラインドテストができるほど。
実際に音を聞いてみていただくと”この音色のスネア欲しいな・・・”とドラマーの購入意欲を掻き立ててくる電子ドラムです。

今回ご協力いただいたATVの皆様、遠藤さんありがとうございました!
f:id:shima_c_maebashi:20180112190416j:plain

価格、当店の展示機のご紹介です。
www.shimamura.co.jp

けやきウォーク前橋店では数多くの電子ドラムを店頭にていつでもお試しいただけます!
たくさんのお客様のご来店お待ちしています。

俵藤(ひょうどう)

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.