島村楽器 けやきウォーク前橋店 シマブロ

島村楽器 けやきウォーク前橋店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

7/14(土)プロギタリストライブ&セミナー~坂本夏樹×RYOGA~ レポート!!

こんにちは!前橋店のギター担当内山です!
先日開催された、坂本夏樹さんによるギターセミナーの様子をレポートします!
セミナーに関して詳しくは
maebashi.shimablo.com
こちらをご覧下さい!

まだまだ全国でも開催回数も多くはない坂本さんによるセミナー。どんな様子だったのでしょうか・・・では早速、Let's GO!!

セミナー会場!

f:id:shima_c_maebashi:20180717161318j:plain
ご愛用頂いている「RYOGA」ギターでの演奏を中心に、ベースも用意し、アンサンブルの中でのサウンドの活かし方も解説していただきます!

坂本夏樹さん!

f:id:shima_c_maebashi:20180717161641j:plain

こちらが坂本夏樹さん!

多数のバンドでプロギタリストとして活動し、現在はスタジオミュージシャンとしても活動中!
f:id:shima_c_maebashi:20180717161823j:plain
あいさつ代わりに、楽曲を披露!バンド出身のスタジオミュージシャンのため、一般的に想像されるようなスタジオミュージシャンの演奏スタイルとは少し違った、アグレッシブなプレイスタイルが魅力的です!
f:id:shima_c_maebashi:20180717162610j:plain

この日使用されたのは、RYOGAの「BUMBLE」というモデル。

PU配列はテレキャスタータイプですが、フロントとリアの2ボリュームのため、アンプ直の気持ち良いサウンドそのままに、手元の操作やPU切り替えによって、クリーンから歪みサウンドまでの切り替えがやりやすいところを気に入って頂いているそうです!

サウンドメイク解説

この日は、スタジオ常設のMarshall「JVM210H」と、Roland「JC-120」を使用して、サウンドメイクの解説を行って頂きました。
f:id:shima_c_maebashi:20180717163335j:plain

足元はこんな感じ。

坂本さん用に製作されたオーバードライブに、ワウディレイという何ともシンプルな組み合わせ。ライブやレコーディングなどの現場でも、このシンプルなセッティングで行く事もあるそうです!
f:id:shima_c_maebashi:20180717163555j:plain

Marshallアンプのみでのサウンドと、エフェクターを使用してのサウンドの違いを、実演!

オケの中で聴き比べると、違いがとてもわかりやすいです!アンプのみでのサウンド方がより音が前に出て気持ちいい!

JCでの音作り

f:id:shima_c_maebashi:20180717164237j:plain

Marshallだけではなく、JCでも音作り

JCでの音作りが苦手、というギタリスト方は実際に多いと思いますが、これは、アンプが悪いわけではなく、使用するギターそのもののサウンドとの相性が原因であること」が多いとのこと。自分のギターから出るのがどういう音なのかしっかり見極め、それに則した音作りが必要なんですね!

「BUMBLE」はJCとも相性バッチリ!

シングルコイルのギターだと、JCではジャキジャキしすぎる場合が多いですが、BUMBLEの場合はボディに使われるアユース材トレブルの出過ぎを緩和してくれて、シングルコイルらしいサウンドながら、聴きなじみの良いサウンドが作りやすいとのこと!実際にオーバードライブとの組み合わせで、キレがありながら、うるさすぎない馴染みの良いサウンドが出来ていました!

エフェクターの使い方

オーバードライブ以外には、ワウディレイを使用。こういったエフェクターはポイント毎での味付けとして使用されています。ワウでの演奏のコツの質問に対しては・・・
f:id:shima_c_maebashi:20180717165403j:plain

坂本夏樹「ワウは顔で弾け!!!」

名言いただきました!!ありがとうございます!!

ベーシスト、松本拓郎さん登場!

f:id:shima_c_maebashi:20180717165729j:plain
ゲストとして、急遽、ベーシストの松本拓郎さんがセミナーに参加して下さいました!ここからは、ベースの生演奏も加えて、サウンドメイクの解説をして頂きます。
twitter.com
松本さんのTwitterがコチラ!

プロとアマチュアの一番の違いは、音の捉え方や意識の違い

松本さん曰く、「技術的な部分で優れたアマチュアのベーシストは多くても、音を音像として捉え、アンサンブルの中での音作りが出来るベーシストは少ない」とのこと。正直耳に痛い話かもしれませんが、バンドでサウンドを作り上げる上で、本当に重要なポイントです。

f:id:shima_c_maebashi:20180717170549j:plain

バンドアンサンブルを視覚化して解説

バンドの音がどうなっているのか、実際に書き出して解説です。縦は音の高さ、横は音の左右の広がりを表しています。
特に重要なのが中心の赤く囲まれた部分、ここがベースの音作りで最も重要なポイントです。
周波数で言うと、800Hz周辺の帯域です。これより下の帯域を上げ過ぎると、ドラムのキック(バスドラム)と被ってしまい音像がぼやけ、かといって下げ過ぎると、今度はハイ側がギターと被ってしまい、ギターのサウンドが抜けにくくなります。
f:id:shima_c_maebashi:20180717171252j:plain
解説後改めて演奏を聴くと、確かにギターもベースも聴こえやすい!ベースの音作りはとても重要で、低音を出し過ぎると他のサウンドの聴こえ方にも影響してしまいます。また、バンド全体での音作りを見れていないと、バンドサウンドが迫力のないサウンドになってしまいます。

ベースの音作り、本当に重要です。

RYOGA SKATER BASS オススメ!

当日使用して頂いたのは、RYOGAの「SKATER」というベースの4モデル。このベースは、アンサンブルの中で一番欲しいサウンドのポイントが簡単に出せるため、バンドでの演奏の中でもしっかりした音作りが出来ます!
f:id:shima_c_maebashi:20180717172023j:plain
松本さんのエフェクターもシンプルです。坂本さんも仰っていましたが、機材をシンプルに出来る事で、持ち運びが楽になったり、トラブルにも強く、運用がしやすいとのこと。それだけシンプルなセッティングでも、自分のサウンドが出せるよう、楽器選びも重要になってきますね。

最後におさらい!

f:id:shima_c_maebashi:20180717172414j:plain
この日教わった事をおさらいしつつ、参加者の方が、演奏者がどんな風に自分の音を聴いているのか、実際にアンプに近づいて聴いてみました!しっかり作り込まれたサウンドは近くで聞いても印象が変わらず、しっかり「聴ける」サウンドになっています。ライブやレコーディングでは、スピーカーの近くにマイクを立てて音をとるので、これも非常に重要なポイントです!

質問コーナー

f:id:shima_c_maebashi:20180717172915j:plain
参加者皆様の質問にも、一つ一つ丁寧に答えて頂きました!ありがとうございます!

集合写真!

f:id:shima_c_maebashi:20180717173325j:plain
最後に集合写真です!ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました!!

RYOGAユーザー特典!パーソナルクリニック!

f:id:shima_c_maebashi:20180717173530j:plain
セミナー終了後には、RYOGAをお使いいただいているお客様限定で、パーソナルクリニックを実施して頂きました!セミナーで教わった事をおさらいしたり、弾き方など改めてアドバイスを頂きました!

新たなRYOGAユーザー誕生!

f:id:shima_c_maebashi:20180717173818j:plain
セミナーご参加の方が、RYOGAを気に入って頂き、なんとそのままご購入頂きました!ありがとうございます!この個体、鳴りが良く、当たりの個体という事で、坂本さんが「これが欲しかったー!!」ととても悔しがっていました笑 ぜひ大事に使って下さい!

さいごに

坂本さんも松本さんもとても気さくな方で、親しみやすく、しかも内容もとてもわかりやすく、深いセミナーでした!また機会があれば開催したいと思いますので、もっとレベルアップしたいギタリスト、ベーシストの皆様は楽しみにお待ちください!

坂本さん、松本さん、本当にありがとうございました!!またお会いできる日を楽しみにしております!!!!

内山

7月8日(日) HOTLINE2018 前橋店ショップオーディションVol.2レポート!

HOTLINE2018 Vol.2です!

こんにちは!前橋店 HOTLINE担当の内山です!HOTLINE2018 ショップオーディション Vol.2を実施したので、レポートします!

けやきウォーク


僭越ながら、我々スタッフバンドの、けやきウォークスが、トップバッターを務めさせていただきました!とても緊張しましたが、無事に通して演奏できてよかったです!

Jin.jinさん

f:id:shima_c_maebashi:20180712214019j:plain

ギターインスト曲で参加のJin.jinさん!完成したばかりの新曲を披露して下さいました!今回はいつにもましてギターのサウンドがゴキゲン
でした!

Roger Haasさん

f:id:shima_c_maebashi:20180712214043j:plain

神奈川から、遠路はるばるご参加いただきました!独特な世界観!

ゆうさん

f:id:shima_c_maebashi:20180712214107j:plain

打ち込みを使ったパフォーマンス!楽器屋のライブなのに、楽器を使わない、というのも新鮮でよかったです!

Be-ismさん

f:id:shima_c_maebashi:20180712214144j:plain

何度かのメンバーチェンジを経て、今回の編成になったBe-ismさん。ノリノリのロックサウンドです!

最後に集合写真!
f:id:shima_c_maebashi:20180712214218j:plain

HOTLINE2018 けやきウォーク前橋店 ショップライブ日程

maebashi.shimablo.com
次回は7月21日(土)です!まだまだ出演者募集中!

日程 7月21日(土)
時間 15:00〜
会場 前橋店Aスタジオ
備考 出演者集合12:00

応募方法

下記をご確認の上、店頭またはWEB申込フォームにてショップライブにお申し込み下さい。

応募資格

年齢、個人・グループ、ジャンル、オリジナル、コピー・カバー等一切問いません。
但し、特定のレコード会社、出版社、プロダクションに所属・契約していない方に限ります。

必要なもの

1.応募用紙

店頭もしくは公式サイトでダウンロードできます。
応募用紙をダウンロード
※WEB申込フォームにて申し込んだ場合は必要ありません。

2.歌詞カード

店頭もしくは公式サイトでダウンロードできます。
歌詞カードをダウンロード
※コピー・カバー楽曲は不要です

3.参加料

1組につき¥4,000(税抜)/会員価格¥3,200(税抜)

  • スタジオ未併設店よりエントリーの場合は、エントリー曲のみ収録のライブ映像(DVD)をご提出ください。(ライブ実施の場合は必要ありません)

応募締め切り

2018年8月12日(日)
※店舗によってショップオーディションの日程が異なります。参加希望の方は各店舗へお問い合わせ下さい。

詳しい応募方法について

応募用紙のダウンロード、HOTLINEの詳しい情報はHOTLINE2018公式サイトからチェックして下さい!

WEB申込フォームからもエントリー可能です!!
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdcdSAbRDqANRUeltIzP8W7HjwemBLh-f-vsPkBt-tYgI24zA/viewform

www.shimamura.co.jp

お問い合わせ

店舗名 島村楽器 けやきウォーク前橋店
電話番号 027-210-6350
担当 内山

お気軽にお問い合わせください。

【教室講師ブログ】ベース科大澤先生~「宅録良いとこ悪いとこ」編~

f:id:shima_c_maebashi:20180118120926j:plain
こんにちは。ベース講師の大澤です。
www.shimamura.co.jp
www.shimamura.co.jp

宅録良いとこ悪いとこ」

おはようございます
1ヶ月以上あいてしまいましたね
すみません
さて、題名の件。
月に何本か録音するんですが、
スタジオでエンジニアさんや周りの他の人たちと一緒にやる場合と、データが送られて来て、うちで録音、いわゆる「宅録」するパターンと両方あります。
うちの宅録環境⬇︎
f:id:shima_c_maebashi:20180712200122j:plain
前者の場合、緊張感もあるし、集中力もおかげさまでがっつり短期集中とばかりにやれます。
周りの演者さんとかスタッフさんとかに迷惑かけられないからね。
ガッと集中して、かつ冒険はしない!

これ関係者が見たら怒るかなw




まあ、見てない定で。

後者の「宅録」の場合は
何度もとりなおせる!現場で順番待ちしてる人はいないし、エンジニアさんにも、
「もう一回行こっか」
とか何度も言わせなくて済む。
なので、割と攻めていけるし、こだわれる。
でもね。
これがまたよくわかんなくなっちゃうわけよ。
どこまでやったらいいんだか。
で、やり続けると、
あれ??
これMIDIの方がいいんじゃね???
ってなっちゃう。
これは、最悪ね。
はい。
てなわけでですね。
とりあえず、没テイク
と思っても、僕はとっておきますw
判断するのは「あちら」
ですからね。
自分のテイクが自分で良し!
と思えるまでがんばりますー!
話は変わって
東京群馬東京群馬栃木
行ったり来たり
まあ、家がある群馬だけでやっていけるわきゃないので仕方ないのですが
毎日移動!
f:id:shima_c_maebashi:20180712200302j:plain
明日も東雲(以外に知らない人が多い、都内だよー)で1つお仕事いただいてるんですが、今日はどうしても帰らにゃならんので、一度群馬に戻る予定です
ちなみに来週も
行ったり来たりになりそうです
交通費バカにならん!
f:id:shima_c_maebashi:20180712200344j:plain
さて、そんなわけでお蕎麦を付けたかったんだけど、¥300ほどケチってみたりします。
また群馬にてお会いしましょう
次こそはゴハンの話・・・。


maebashi.shimablo.com
www.shimamura.co.jp
www.shimamura.co.jp

7/15(日)親菜瓜男がやってくる!ライブ&ギターセミナー開催決定!※7/3イベント詳細追記あり

f:id:shima_c_maebashi:20180510165638j:plain
こんにちは!前橋店ギター担当の内山です!
なんと!群馬初上陸!!あの!!人気ギタリスト!!親菜瓜男(おやさい うりお)さんによる、ライブ&ギターセミナーの開催が決定いたしました!!!
親菜さんのライブ演奏はもちろん、楽曲を通じてテクニック音作りのコツも一緒に学べちゃいます!また、前橋店でも取り扱い中で、親菜さんも愛用中の、SAITO GUITARSのご紹介など、あんなことやこんなことまで(?)聞けるチャンスです!ギターを始めたばかりの初級者の方でも大歓迎!むしろ参加して頂き、スーパーギタリストの演奏を体感していただきたいです!皆様、ぜひご参加ください!

イベント内容詳細(※7/3イベント詳細追記!)

前橋店のギター紹介!(14:30~予定)

親菜さんが、前橋店の店頭在庫のギターを紹介してくれます!こちらのコーナーは、セミナー本編実施前に店頭で実施いたしますので、観覧希望の方はお早めにご来店下さい!

親菜瓜男のデモ

親菜さんのかっこいい楽曲のデモ演奏!どの曲が聴けるかは、当日のお楽しみ!

ペンタトニックスケールを活用したアドリブ術

定番のペンタを活用した、アドリブ術を解説!セミナー参加の特典として、教材CD&譜面をご用意して頂きました!

機材紹介

SAITO GUITARエフェクターなど、親菜さんのサウンドがどうやって作られているのか、解説してくれます!

テクニック、速弾き講座!

その他楽曲中での細かいテクニックや、皆さんが上達方法を知りたいであろう、速弾きの解説も!

親菜瓜男とセッションしよう!

今回のイベントの特別企画として、なんと、親菜瓜男さんとイベント内で"先着3名限定!"で、セッションが出来ちゃいます!セッションのテーマは、ご参加いただく方のリクエストもお待ちしております!セッション参加希望や、詳細に関しては、申込とは別途、担当内山までご連絡頂きますよう、お願い申し上げます!

質問コーナー(お1人様5分程目安)

イベント終了後には、お客様お一人ずつと、個別での質問コーナーも設けます!こちらも初級者~上級者まで、あらゆる質問でOKですので、気軽に質問して下さい!

イベント詳細

日程 7月15日(日)
時間 OPEN14:30 START15:00
会場 店内Aスタジオ
参加費 ¥2,700(税込)会員割引価格¥2,160(税込)
担当 内山

https://docs.google.com/a/shimamura.co.jp/forms/d/e/1FAIpQLSdgoiQgK-Ze5FnekrxFbwRfyShiPp4RbjJHZFWy3xpkkRSR0w/viewform
※申込いただいたお客様には店舗より確認のメールをさせていただきます。

※当日の席順に関しましては、予約の早い方かつ、当日会場オープンの14:30に店舗に到着されている方からのご案内になります。ご予約が早期の方でも、開場時間に間に合わない場合、席の確保は致しかねますので、当日はお時間に余裕を持ってお越し下さい!

親菜瓜男 『大根仙人』pv


お問い合わせ

店舗 島村楽器 けやきウォーク前橋店
電話番号 027-210-6350
担当 内山

お気軽にお問い合わせください。

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.