島村楽器 けやきウォーク前橋店 シマブロ

島村楽器 けやきウォーク前橋店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【オーダー品紹介】T's Guitars "DST-Pro24 Custom Order"が完成しました!

お客様オーダー品を紹介します!

こんにちは!前橋店ギター担当の内山です。前回に引き続き、カスタムオーダーのご注文を頂いていたギターが入荷いたしましたので、ご紹介いたします!

前回の様子

maebashi.shimablo.com

今回のギターは・・・

f:id:shima_c_maebashi:20180217195230j:plain
ケースの中身は・・・?
f:id:shima_c_maebashi:20180217195303j:plain
T's Guitars "DST-Pro24 Custom Order"!!
2010年に発売し好評だった"25th Anniversary DST24"を再現した、DST-Pro24というモデルを基にしたカスタムオーダーです。
f:id:shima_c_maebashi:20180217195604j:plain
まず目につくのはこの美麗なキルトメイプルトップTrans Blue Burstカラーと相まって、圧倒的な存在感です。
f:id:shima_c_maebashi:20180217195953j:plain
こちらがヘッド。ヘッド形状も、アニバーサリーモデルを踏襲した形状になっております。
f:id:shima_c_maebashi:20180217200125j:plain
こだわりの一つの、フロイドローズタイプブリッジ。通常はトレモロ仕様です。
f:id:shima_c_maebashi:20180217195824j:plain
コントロールにも隠れたこだわりが。YJM High-Speed Volume Potentiometerを採用し、よりスムーズなボリュームコントロールが可能となっております。
f:id:shima_c_maebashi:20180217200053j:plain
指板は通常エボニーですが、ローズウッドに変更。
f:id:shima_c_maebashi:20180217200241j:plain
ジョイント部。通常プレート付きヒールカットですが、ブッシュ付ラウンドヒールに変更。ハイフレットへのアクセスがよりスムーズになります。
以上の通り、見た目にも機能性にもこだわった、素晴らしいギターが完成しました!

お客様は・・・

今回ご注文頂いたお客様は、5年ほど前、学生時代からのお付き合いで、当時から、「いつかT's Guitarsを手に入れるのが夢。」と仰っていました。そしてこの度ついに夢のギターが完成し、納品させて頂きました。実は現在お仕事が多忙で、今回はご本人不在の中、ご家族の方に受け取りをして頂きました。実際にお客様ご本人がこのギターに触れるのは少し先になってしますのですが、こちらで先にご紹介させて頂ける事になりました。実際に楽器を手に取ったお客様のご様子は、後日ご紹介させて頂きます。

以上、内山がお送りいたしました!

お問い合わせ

店舗名 島村楽器 けやきウォーク前橋店
電話番号 027-210-6350
担当 内山

お気軽にお問い合わせください!

前橋店のブログ ~こんなんあります~ ピックがストラップに!編

気になったアイテムを紹介します!

こんにちは! 前橋店ギター担当の内山です!
月1のペースで更新頑張ります!

楽器をやってない人にも大人気です!

今回紹介するのは、こちら!
f:id:shima_c_maebashi:20180213155445j:plain
~ハメパチ~ ¥432(税込)
パチッとお気に入りのピックをはめ込んで、ストラップに出来ちゃいます!
f:id:shima_c_maebashi:20180213155500j:plain
人気のぐんまちゃんピックトライアングルタイプがピッタリ入ります。※ティアドロップも入りますが、ピッタリにはなりません。
f:id:shima_c_maebashi:20180213155515j:plain
バリエーションで、キーホルダータイプ¥540(税込)と、イヤホンジャックのみのタイプ¥648(税込)もあります。

ちなみに、1度閉めると取り出すのはすごく大変です。ケース破損の恐れもありますので、取り付けは慎重に!
自分用にはもちろん、ギフト用にも人気のアイテム、前橋店で絶賛販売中です!以上、内山でした!

お問い合わせ

店舗名 島村楽器 けやきウォーク前橋店
電話番号 027-210-6350
担当 内山

お気軽にお問い合わせください!

【オーダー品紹介】SAITO GUITARS "S-622 Honey Toast"が完成しました!

お客様オーダー品を紹介します!

こんにちは!前橋店ギター担当の内山です。昨年11月末ごろにご注文を頂いた、SAITO GUITARSのオーダーギターが無事納品となりました!お客様にご承諾いただきましたので、完成したギターをご紹介いたします!

SAITO GUITARSに関して詳しくはこちら!

www.shimamura.co.jp

2月某日・・・

f:id:shima_c_maebashi:20180211210043j:plain
11月のオーダー受注より待つ事3か月ほど、ついに届きました・・・!
f:id:shima_c_maebashi:20180211210111j:plain
新しいギター、わくわくしますね!
f:id:shima_c_maebashi:20180211210130j:plain
『SAITO GUITARS S-622/Ash "Honey Toast"』
一番人気のストラト型、S-622アッシュボディメイプル指板モデル。カラーは渋くてかっこいい"Honey Toast"というカラーです。
f:id:shima_c_maebashi:20180211210145j:plain
マッチングヘッド仕様に、ピンクロゴ+ラインの組み合わせ。齋藤楽器様によると、この組み合わせでのギター作成は初めてとのことでした。
f:id:shima_c_maebashi:20180211210419j:plain
サイドボジションマークは暗闇で光るルミインレイ仕様です。
f:id:shima_c_maebashi:20180211210436j:plain
ピックアップSSHで、Growl+Bore Upセット。よりパワーのある特性のピックアップです。
さらに、トップの木目が非常にきれいに出ています!お客様からなるべく左右対称になるように、とリクエストを頂いていたのですが、お応えすることが出来ました。
f:id:shima_c_maebashi:20180211210457j:plain
また、お客様のリクエストでこんなものもご用意しました!ボディを切り出した木の枠組みです。ご要望があれば用意できる場合もありますので、記念にいかがでしょうか?(加工の過程で、きれいな状態で枠が残らない場合もあるそうです。あらかじめご了承ください。)
f:id:shima_c_maebashi:20180211210519j:plain
最後にお客様と記念撮影!喜んで頂けて、なによりでございます!

おわりに

既存のモデルでも素晴らしいモデルが多いですが、デザインや仕様の組み合わせなど、自分だけのモデルを作る事で、より愛着を持つことが出来ます!島村楽器ではSAITO GUITARSを始め、様々なメーカーのオーダーを承ることが出来ますので、気軽にご相談下さい!以上、内山でした!

お問い合わせ

店舗名 島村楽器 けやきウォーク前橋店
電話番号 027-210-6350
担当 内山

お気軽にお問い合わせください!

【教室講師ブログ】ベース科大澤先生~音楽の趣味を語ってくれました編~

f:id:shima_c_maebashi:20180118120926j:plain
こんにちはベース講師の大澤です。
www.shimamura.co.jp
www.shimamura.co.jp
妻が安かったからと言ってスーパーの対面販売でアジを6尾買ってきました。
我が家の料理長は下積み時代に飲食店で調理場にいた経験があるので、そんな事態にも臆せず自慢のレパートリで、家族のお腹は満足なのです。
世の中の旦那さま方、料理に限らず家事は頑張ってやるべきでしょう。笑
f:id:shima_c_maebashi:20180208141118p:plain

さて、
今回は機材の話はちょっと置いといて
僕の大好きなアーティストを紹介したいと思います
f:id:shima_c_maebashi:20180208141141p:plain
Donny Hathaway(ダニー ハサウェイ)
言わずと知れた R&B会のレジェンドです
彼のライブ・アルバムその名も「LIVE」に収録された
What’s Going On(ワッツゴーイングオン) は Marvin Gaye(マービン ゲイ)が1971年に自身のアルバムで発表した名曲中の名曲。
ダニーはカバーでありながらも、本家に負けず劣らずの名演!
僕は実際こちらのテイクの方が好きです。
というのも、ダニーのボーカリストとしての実力もそうなのですが
ベーシストのWilly Weeks(ウィリー ウィークス)のグルーヴがハンパじゃない!
本家は大御所ジェームス ジェマーソンのプレイなのですが、このウィリーも素晴らしい。
ベーシストとして一皮むけたければ、必ず通るべきところです。
f:id:shima_c_maebashi:20180208141412p:plain
CHIC(シック)
カッティングギターの名手Nile Rodgers(ナイル ロジャース)と最高にグルーヴィなベースのBernard Edwards(バーナード エドワーズ)が中心になった70年代~のディスコサウンドを作り上げてきたバンド。
Le Freak(おしゃれフリーク)は一度は聴いた事があるはず。
カッティングが上手くなりたいギタリストはナイルの軽快かつネバったサウンドは絶対に聴いておくべきだ。
Bob Marley & The Wailers(ボブマーリー&ウェイラーズ)のレゲエやスカ独特のカッティングとの差を感じてもらいたい。
f:id:shima_c_maebashi:20180208141515p:plain
JUJU(ジュジュ)
特筆することもないくらい日本では有名ですね。
この「Snack JuJu」カバー曲集なんですが、サウンドプロデューサーが4名作り上げたアルバムなんですね。
まあ、日本ではよくあることなんですけど。
カバーって言うところがミソで、元々何十年か前の曲をどう料理するのか?ってのが面白いところなんですね。
4人のプロデューサーがアレンジして、また、それぞれがブッキングしたミュージシャンがレコーディングしてます。
だから、バンドサウンドと違って、一曲一曲が全く違うアプローチなんですね。もちろんJUJUが歌っているので、どの曲もJUJUになるんです。
だからね、ボーカリストってのは凄いんですよ。
うまいだけじゃダメなんですね。
バンドや楽曲のイメージに負けない個性!これ重要!
f:id:shima_c_maebashi:20180208141605p:plain
Lamb Of God(ラム オブ ゴッド)
1990年代後半から活躍するアメリカのメタルバンドです。
日本にもLOUD PARKに出場していますね。
徐々にレジェンド化して行ってますね。
今となっては想像もつかないでしょうかが、僕は20歳くらいの頃スラッシュメタルのバンドで全国デビューしてるんです。まあ、色々あって上手くいかなくなって脱退。そのバンドも活動してないんですが。
そのくらいの時にメタリカとかメガデス、オジー、インフレイムス、アンスラックスなどなどのメタルレジェンド達に紛れていつの間にか頂点に近づいてきているこのバンドば気になって、まあ、いつも爆音で聴いてましたね!笑
そのほかにも

ジャズ

ファンク

ロック

アニソン
なんでも聴きます。
また、機会を作って紹介させていただきます

さて、
ジャンルが幅広いので、何者かと思われても仕方ないですが、この雑食。僕のレッスンでは
どんなジャンルでも教えます!
が売りなので、自分の好みと合うかどうか心配なあなた!
一度体験レッスンを受けてみてはどうでしょうか?

と言うことで今回はこの辺で。
maebashi.shimablo.com
www.shimamura.co.jp
www.shimamura.co.jp
おやすみなさい。

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.